お金借りるならどこがいい

それぞれの特徴

お金を借りるのに便利で頼りになるカードローンですが、どこがいいのか迷いっちゃいますよね。

 

お金借りるならどこがいい.xyz

まず、消費者金融にも銀行にもカードローンはあるので、私もどのような違いがあるのか分かりませんでした。

 

金利の違いは数字を見れば分かりますが、実際にどれくらいの金額の違いになってくるのかは、借りれる額にもよります。

 

少額のお金を借りるのであれば利息はそんなに変わらないので、それだけで判断しちゃうのは良くないみたいですね。

 

私もカードローンでお金を借りるために、サービスにどんな違いがるのか色々調べて、自分にとってどこがいいのか考えて決めました。

 

調べていると、申込み・審査・契約・借入・返済・・・と、ローンによって色々違っているのにビックリしましたよ。

 

内容を比較してみましたので、あなたにとって、お金借りるのにどこがいいのか決めるのに参考になれば嬉しいです。^^

銀行と消費者金融

お金借りるのにどこがいいか考えるときに、まず気になるのは銀行と消費者金融ではどう違うかですよね。

 

お金借りるならどこがいい.xyz

超低金利時代になって、銀行も比較的金利を高く設定できるカードローンに盛んに参入してきています。

 

銀行はなんといっても安心感があると感じる人は多いと思いますが、その点は実際は何も変わらないと言って良いでしょうね。

 

どうしてかというと、カードローンは無担保・無保証人でOKですが、銀行のカードローンも消費者金融が保証会社になっているからです。

 

逆にいうと、大手消費者金融は銀行のグループ会社になっているところが多いです。

 

さらに消費者金融のカードローンなら総量規制という貸金業法上の制約があるのに対して、銀行はそれがないです。

 

総量規制とは、個人への貸付けの総額は、(住宅ローンや事業用などは除き)収入の3分の1までしかできないという決まりです。

 

昔はサラ金の過払いが問題になりましたが、今は銀行で借り過ぎて返済できなくなる問題が出てきています。

 

銀行か消費者金融でお金借りるならどちらがいいかは、どんなブランドが好きかという問題のようなものだと思います。

 

いちおう、銀行と消費者金融の大まかな比較をしておきます。

 

審査 金融 < 銀行
早さ 金融 > 銀行
金利 金融 ≧ 銀行
限度額 金融 ≦ 銀行
手数料 金融 > 銀行
返済額 金融 < 銀行

(消費者金融を「金融」と表記しています。)

 

 

お金借りるならどこがいい.xyz

審査については、やはり銀行のほうが厳しいと言えますので、消費者金融のほうが利用しやすいと言えるでしょう。

 

借入までのスピード

また、申込みから借り入れるまでの早さも消費者金融のほうがスピーディーな傾向にありますので、急いでいるなら消費者金融がおすすめです。

 

大手消費者金融なら、「最短30分審査」「最短1時間融資」などとうたっている商品もありますからね。

 

実際に申込んでみると、やっぱり消費者金融のほうがスピーディーですよ。

 

金利と限度額

金利は数%〜十数%のように幅があり、それぞれ下限金利・上限金利と言いますが、初めての方は基本的に上限金利に近い金利が適用されると思って良いので、数字の大きい上限金利のほうを参考にすべきです。

 

上限金利は銀行なら15%程度(ただしネット銀行は18%程度)、消費者金融は18%程度が多くなっています。

 

3%の違いって、10万借りた場合は月あたりで250円の違いとなります。5万借りたなら125円の違いですね。

 

限度額は銀行なら1,000万円借りることができるローンもありますが、消費者金融でも500万〜800万です。

 

どっちにしても、カードローンでそんなに多額のお金は借りないと思いますので、あまり関係のない話ですよね。

 

各種カードローンの金利・限度額はこちら

 

ATM利用手数料

手数料は、コンビニATMを利用する場合に消費者金融では108円か216円が必要になりますが、銀行のカードローンの場合は手数料無料のところが多いです。

 

でもカードローンはATMでのキャッシングのほか、振込でも借りることができ、振込なら手数料は必要ありません。

 

しかも金融会社が指定する銀行の口座を登録しておけば、24時間いつでもスグに振り込んで貰えるサービスがあったりしますので、とても便利ですよね!

 

振込キャッシングが便利なカードローンをチェック!

 

毎月の返済額

お金を借りたら当然のことながら、最低限決められた額を毎月返済しなければなりません。(約定返済)

 

返済する額は借入残高によって変わってきますが、消費者金融の最低返済額は1,000円のところもあれば、4,000円というところもあります。

 

銀行も同程度のところもありますが、1万円〜というところもあり、借入残高が少額なら消費者金融のほうが少なくなっています。

最低返済額(単位:円)

残高⇒

2万 5万 10万
プロミス 2千 4千
アコム 3千 5千
モビット 4千 4千 4千
アイフル 4千 4千 4千
三菱東京UFJ 2千 2千 2千
三井住友 2千 2千 2千
みずほ 1万 1万 1万

 

おすすめの消費者金融、銀行のカードローンはこちら

 

豊富なサービスが特徴の消費者金融

誰にも知られずに、お金を借りるならどこがいい?

カードローンでお金を借りるのは、やっぱりどこか後ろめたい気持ちになったりしますよね。

 

お金借りるならどこがいい.xyz

だから、できれば誰にも知られずにお金を借りたいと思っている人も多いと思います。

 

そういう意味では銀行のカードローンだったら不安が少なくなるような、勘違いをしてしまうかも知れません。

 

でも何度も言いますが銀行だからと言っても金利は高めだし、消費者金融と何ら変わりはありませんから、しっかりと認識しないといけませんよね。

 

話がそれてしまいましたが、消費者金融ではそんな不安に応えてくれるようなサービスがあります。

 

誰にもバレずにお金を借りる方法

 

 

カードローンでお金を借りていることが誰かに知られる機会というのは、申込みから審査の間の電話連絡、契約書類やカードが郵送で届くとき、ATM等でキャッシングしたり返済したりするとき、などでしょうか。

 

本人への電話連絡なら携帯にすれば誰かに知られずにすみますし、職場への電話連絡も個人名を名乗るので基本的に知られることはないと思いますが、中には職場への電話連絡なしのローンもあります。

 

今は契約もネットでできるので、契約書類が自宅に郵送されることは防げますがカードはどうしようもありませんよね。

 

でも、カードの受取を無人契約機にすることはできます。誰かに見られる可能性はありますが、自宅に送られるよりは安心ですね。

 

金融会社によっては時間指定の本人限定受け取りが可能なところもあります。

 

一番良いのはカードのないカードローンです。カードレスで振込のみのローンもありますので、これなら本当に安心ですよね。

 

カードレスの場合は、振込のみでATMでキャッシングすることができませんので、一番安心ですね!

 

カードレスが可能なカードローンはこちら

 

最近ではメガバンクのカードローンもそのようなサービスを始めている銀行もあるようです。